カテゴリ: 菊池雄星



 

























 























   画像なし


 























 画像なし  画像なし 任意整理のエストリーガルオフィス 岡田法律事務所


菊池雄星投手がアメリカの大リーグ、シアトルマリナーズと契約成立した。



 



最大で7年契約、年俸は総額126億円という契約になった。



 



菊池選手には故障なしで頑張ってもらいたいと思う。



 



 



また、マリナーズは3月17日と18日に巨人と練習試合を行う。



 



その際の凱旋登板の可能性も高まってきており、今後の菊池選手に関するニュースに期待が高まる。



 



最低でも4年契約となっており、地元のファンや関係者は好評価だという。



 



筆者も日本から応援したい。



f:id:baseballNPB:20181006165750j:plain







菊池雄星選手がポスティングシステムを使って大リーグに移籍するため、西武は大リーグ機構に申請した。



 



今季は14勝の成績を残した。



 



大リーグ球団の複数の球団が興味があると思われる。



 



個人的にはヤンキースニューヨーク・ヤンキース)あたりは狙うんではないかと思う。



 



大リーグとの交渉が可能になった今、菊池選手はライオンズへの感謝も忘れていない。



 



花巻東から入団し、ここまで育ててくれたと感謝しているという。



 



謙虚な姿、是非とも見習いたい。



 





 























セントメディア ホイプラ 税理士ドットコム


f:id:baseballNPB:20181006165750j:plain







西武の菊池雄星投手がメジャー挑戦の意向を示した。



 



大海を渡った菊池選手は一体どんな姿なのか?



 



直球勝負だけでは通用しないのがメジャーリーグである。



直球を打てるバッターは非常に多い。



 



ストレートが半分近く(48%)である菊池選手はなかなか活躍できるかどうかというところだが、得意のスライダーをもっと活用していいと思う。



 



ストレートの軌道から曲がるスライダーと大きく曲がるカーブを持っているから、変化球主体で行った方が活躍はできると思う。



 



ストレートが半分来るとなるとどうしても狙われてしまう。



ストレートは35%くらいでいいと思う。



 



ストレートが3分の一なら意外に打つのは大変。



変化球も見ていかないといけないから打ち方が大変。



 



要は直球だけを狙われたら負けという事。



 





 





 







↑このページのトップヘ